<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

TTロードスターのプラグ交換をしました。

ヤフオクに気になっていた時計が出ていたので、少し前まで入札していたら途中から金額入力、パスワード入力のループで結局落札出来ず(泣)。生産中止になって久しく、未使用品はほとんど残っていないと思われただけに、ちょっと残念でした。

今日は、TTロードスターのプラグ交換にステラモータースへ行ってきました。

d0079557_2194929.jpg

いつものようにBMWがたくさん入庫しています。右のブラックのセダンは国産車のようでしたが、車種がわかりませんでしたネ。

今月、キャンペーンでデンソー製のプラグが1諭吉ちょっとで交換出来るので、取り寄せてもらいました。

d0079557_2215559.jpg


d0079557_222670.jpg

作業の間、待合室で新聞を読んでいると他のお客さんのお会計が聞こえてきたのですが、TTと同年代あたりのE46のパーツで、いい値段がしているのでビックリしました。TTもきっと同じでしょうけどね(汗)

交換も終わり、会計時にエンジンのバイブレーションについて聞いてみると、『同年代のBMWの4気筒よりもイイですよ。』なんて言われてしまいました。

d0079557_2225626.jpg

写真の雑誌でパサートワゴン 2.8L V6のシンクロモデルを新車で購入した長期レポートをしているのですが、『エンジンバイブレーションについては、国産は云うに及ばず、輸入車系のライバル達と比べてもやや大きめだ。』なんて行がありますので、6気筒と4気筒の違いこそあれ当時のフォルクワーゲングループのエンジンはこんな感じなのかもしれません。

ちなみにTTロードスターのインプレッションは、ちょっと持ち上げ過ぎだと思っています。ある部分は誇張し過ぎではないかと・・・(汗)

最後にメンテに行く度に気になっていた一台とのツーショットです。

d0079557_2242732.jpg


d0079557_2243952.jpg

シトロエンのC6です。エンジンをかけると車高がスッと上がります。本当に素敵なスタイリングですが、ブログにある通りパーツの入手に時間を要しているのが現状のようです。

TTも十分個性的なスタイリングだと思います。写真に撮ると2台ともきれいに写ってしまいます。中古車選びの際の現車確認はやっぱりしたいと思わせる一枚でもありました。

来月もディーラーでのプチメンテを予定しています。ついでに部品も出てくるといいなぁ?

第二百三十三回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2014-05-25 02:26 | cars | Comments(0)  

修理は修理でも、シャツの修理をお願いしてきました。

ここ1週間の東京は、日中の日差しは強くなってきましたが朝夕は涼しくて、秋と並んでスーツを一番楽しく着られる季節のように思います。

あと2週間もしたらクールビズが始まって、ネクタイも時計も外して、スーツ、シャツ、靴、鞄は手持ちの2軍達が今以上に活躍する毎日になります。

そんなで今日は、2軍シャツの一枚の袖口が余りにぼろぼろになっていたので、恵比寿のカーサカミーチャへ行ってきました。

絶好のオープン日和だったのですが、首都高が渋滞していたので電車でお出かけです。やっぱり早くて楽です。そしてお財布にも優しい。

d0079557_0371887.jpg

最初は袖口だけお願いしようと思っていたのですが、襟もくたびれ始めていたので合わせて修理をお願いしました。

そして3月に買ったJKTに合わせるシャツ生地でいいのがないかを見ていると、店長がブルーの生地をススメてくれました。以前作ったのが下の生地見本の真ん中の上から2番目のモノで、色はそんなイメージでした。

d0079557_0543722.jpg

店長は、私の好みの生地の織り、色合い、生地のコシ感までほぼ理解していただいているので、提案していただく時も、『ちょっとアローさんの好みには合わないかもしれませんが。』といった気遣いが嬉しかったりします。

オンオフどちらにも使えるようなシャツが欲しい、そんななかで選んだのが、番手もほどほどの国産の生地です。

d0079557_055491.jpg

ガゼットは、以前も使ったことがあるパープルのスモールブロックチェックにしてみました。

d0079557_0552076.jpg

襟型は、いつもはボタンダウンですが、今回はちょっぴりフィナモレのセルジオあたりを意識してみました。

d0079557_0553675.jpg

これでしたら、ノータイでもいけそうでしょ。もちろんカラーステイを入れることも出来ます。出来上がりは1ヶ月後、ゆっくりと待ちましょう。

現時点でインポート生地の値上がりは一部に見られる程度で、思ったほどの影響は無いそうです。

せっかく恵比寿まで来たので、歩いて代官山へ。

d0079557_0555277.jpg

蔦屋に入りましたが、アウディの書籍はやっぱり少ないですね〜。8N TTの洋書があったのですが、パッキングされていて中が見れないのと、お値段で断念。その前に英語が読解出来るのかという問題がありますがね(汗)

代官山からもう少し歩いて〜渋谷、原宿界隈をブラブラして帰りました。

歩きながら仕事のことを中心にいろいろ考えていたのですが、ふとクルマを止めたら何に時間を使うようになるのかなぁと考えていました。ファッションやクルマもライフスタイルの一部ですけど、食べ歩きに時間を使うんじゃないかと思いました。

TTには、もう少し乗りますよ。来週はプチメンテをします。

第二百三十二回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2014-05-18 01:00 | shirts | Comments(0)  

磨き屋さんに行って、整備工場でのTTの点検報告書を見てもらいました。

東京地方、今日は天気が良くありません。

早朝の地震もあって、少し眠くなってきました。

今日は、先日クルマを洗っている時に気がついたクルマの汚れの状態を見てもらいに、時々遊びに行っているGrade-UPの田村さんを訪ねてきました。

アイドリング時のエンジンから伝わる振動は、もうちょっと無くなって欲しいと思いながらのドライブです。

洗っても落ちない汚れだったのですが、クリアコートグレーズ AG O-8を使ってすぐに落としてくれました。

リアフェンダーの目立つところだっただけに一安心。田村さんはクルマ磨きのプロですので整備のプロではありませんが、お客さまのクルマに多数乗られていますので、クルマの状態もある程度わかると信じています。

気になっている振動の件を伝えると、『エンジンが安定して回っていない感じはありますね、もう少し振動が少なくてもいいはず。』と言って、時々?ブログに登場しているW123のエンジンをかけて、ボンネットを開けてくれました。

d0079557_16144349.jpg

黒い部分のヘッドカバーに手を乗せても、不快な振動がほとんどありません。縦置き、横置きの違いもあるのでしょうが、マウント、ブッシュ類はガタガタの状態とのこと。

自分のTTも、もっと詰められるのか気になるところです。

そして、先日の工場での報告書を見てもらいました。
以下、原文の通りです。

整備のご依頼ありがとうございます。
点検の結果不良個所がありましたので報告いたします。

テスト走行結果
アライメント
走行不安・タイヤの早期磨耗・ハンドルが重い・ハンドルが流れる・ハンドルが取られる・低速高速での車体振動・ショックが大きい・ブレーキを踏むと・ハンドルが片方へ引かれる・異音がする・ハンドルの遊びが多すぎる・車体の水平度・左右の傾(バランス)が不均等・運転をして疲れる等・・・・
タイヤ・サスペンション関係は問題ないが、後付けの部品などの取り付けが悪い!!
それによるブッシュ類の変摩耗・異音が出ている。
特に異音は一か所だけではなく数か所から出ている。

★アライメント調整はできます。が後日また元に戻るような状態になります。
作業内容はフロント・リヤーのサスペンションの組み直しと細かいブッシュ類の取り換え又は再組み換え作業・何回も組み直しの作業になります。
左右フロント・リヤー サスペンションは、部品の摩耗・劣化状態確認後の部品判断となります。(取替部品の雑作業?? )
1回目調整終了 

ブレーキ(制動性)
タイヤがしっかりしているので、ブレーキの制動性はいいが!! 滑らかさがない!!
フロント・リヤーのキャリパー作動が鈍いのでは??・・・
フロント・リヤー ブレーキ ローターの歪??(当たりが悪い??)
★フロント・リヤーのキャリパーの分解作業 又は ローター・パット面の当たり調整などがあります。(ローター研磨)
左右フロント・リヤー ブレーキは、部品の摩耗・劣化状態確認後の部品判断となります。
ブレーキのピストン作動が修理不能な場合のブレーキ・キャリパー・アッセン取替となります。

エンジン
エンジンは馬力もあり加速もいい!!が?? エンジンの音が少しうるさい!!のと・スムーズさがない(滑らかエンジン回転)
エンジンオイルの粘度指数は?燃料ポンプの燃圧は?コンビューター関係の接続・配線?
吸入の汚れは・・・ 以下省略
時間のかかる作業です。一つ一つ配線・センサー類の接続確認です。
1回目エンジン調整終了(調整・クリニング作業・A/T調整含む)

総合判断
★★今までの修理(整備)に疑問? ★ その場しのぎの修理
  間違った部品交換(営業的な部品取替)・取り付け作業(技術不足)・
修理(整備)がきちんと実行されていれば消耗部品は別として、このような故障問題は最小限度に抑えられたと思います。
★ブレーキ制動力不足・ブレーキ効き悪し
★ブレーキピストン作動不良修理不能な場合のブレーキ・キャリパー・アッセン取替
★エンジン馬力なし(エンジン振動多し)
★サスペンション関係・アライメント関係 

第一に言われたのは『内容もそうですが、どうして1回で修理が終わらないのかが分からないですね。』ということでした。確かに時間と費用を考えたら1回で調子が良くなった方がイイですよね。休みで時間があったのであるところまでさかのぼって読みましたが、ブログを読むと複数回通う必要があり、お客さんもそれを当然のように受け入れられている。確かに整備士さんは、走ったらまた来てくださいと言っていました。

そして、「IGetBetterさん、あるクルマの整備記録だけど、これ見て御覧』と言われて見せてくれたのが下の写真です。

d0079557_16152759.jpg

ダッシュボードの写真を見れば、搭載されているATの型式が分かりますよね。これでも走るかもしれませんが、ATFは最適な選択ではないと思います。ディーラー出身の方の工場で長く続いているところとのことでした。

写真入りの整備報告書があると、私も仕事は丁寧で間違いも無いと思っちゃいそうです。

数日前にアポをとって伺いましたが、作業中でしたので田村さんにお礼を言って、R129時代にお世話になった工場へ足を運びました。

不具合が出たり要望が出る度に足を運んだ工場で、数ヶ月ぶりなのに本当に懐かしかった。代表に少し乗ってもらってエンジンの調子を見てもらいました。

『調子は悪くないと思いますよ、直6、V8、V12に比べるとどうしてもこのくらいの振動はあると思います。』とのことでした。後から整備士さんに聞いても、メルセデスでも同じ傾向ですねとのことでした。

う〜ん、自分我慢出来るのかなぁ。

報告書を見てもらったら、『残念ながら輸入車で何でもやりますっていうところに、こういう工場多いんですよ。』とのことでした。言われた内容の詳しい記載は控えますが、この報告書を国産車を中心にやっている町工場の整備士が見たら怒るんじゃないかなと言っていたのが、印象に残っています。

アライメントテスターの傷の話をすると、『あぁ』と言っていましたので他でもあることなのでしょうね。

アライメントを複数回取る話をしたら、『うちのお客さんで、エンジンオイルのボトルキープに一括で50万を払ったお客さんがいます。』なんて話をしてくれました。

どちらが正しいのかを決めるのではないですが、事前の見積が無く作業が開始をしてしまったことから始まって、第三者の意見も聞いてこれで自分の中で一通り完結をしました。

最後に私は今回の件でホイールの傷の補償等も要求していませんし、前回のカキコミで記載をした通り整備士さんとは話がついています。ただ自分のクルマの整備記録として残しておきたいので、見苦しいところもあるでしょうがご容赦いただければ幸いです。

第二百三十一回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2014-05-05 16:16 | cars | Comments(15)  

先日の修理の明細が届きました。藤井さんには悪いことをしちゃいました。

5月に入りました。

4月の締め作業を多少残してお休みに突入してしまいました。連休のうち1日は、少し仕事をすることになりそうです。

d0079557_2565514.jpg

先日藤井オートで整備をしてもらった件を書きましたが、写真の自動車税納税通知書と共に作業明細が届いていました。

内容は以下の通りです。

d0079557_2564337.jpg

d0079557_2565866.jpg

継続整備については、時期の早い遅いではなく私のお財布が許してくれないであろうということです。ブレーキについても見積を取るまでもないことでしょう。

無料点検に引かれて、気軽に近くの工場に足を運んでみた。腕がピカ一の職人さんがいて、当然相応の技術料を取るけれども、それは自分に取っては分不相応な金額だった。

前回のカキコミでコメントをいただいた若輩者さんが、外車にしては凄く安く終わったと書かれていましたが、その意味が分かったような気がします。

幸か不幸か金額を聞かずにお願いをしたことで、買ってからこんなものだろうと思っていたクルマの調子が見違えるように良くなったのは、皮肉なものだと思います。先見積だったらATなんてやっていなかったでしょうからね。

もちろん今回の整備は入り口にしか過ぎないでしょうし、技術料が高いなんて言うのは藤井さんに失礼です。

常連さんからしたら、一回の整備が終わっただけで何を言っているという感じでしょう、きっと。

ただここで、TTロードスターのオープンとしてのクルマの素性を考えると、走りにはお金をかけずにキレイに乗れればいいというところにたどり着きます。

毎週走って距離は伸びていましたが、R129の相次ぐ修理に耐えきれなくなって、確か排気量も小さくて年式の新しいTTロードスターに買い替えたはず。

藤井さんにはいろいろアドバイスをいただいたのにも関わらず、悪いことをしてしまったと思います。

また一つ勉強になりました。しばらく今の状態で乗りながら、他を当たることにします。

第二百三十回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2014-05-03 02:58 | cars | Comments(2)