<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

SLの整備状況を確認に工場へ行ってきました。

東京は、毎日夕立があって傘を持って行かないと雨に打たれて、持って行った日に限って無くても大丈夫だったりして、なかなかうまくいきません(泣)

セールにも全く足を運んでおらず、御殿場のアウトレットに出かけたくらいです。ハイブランドとはいえ夏場に秋冬物は見たくないですね(汗)

今日はちょっと時間があったので、先週預けたSLの様子を見に整備工場まで行ってきました、いや確定見積をもらうためかな?

クルマはちょうど作業中でばらされているところでした。ちなみに駐車場にはR129もたくさん?全部AMGではないかと思います。73と70と、よ〜くわかりませんな。

d0079557_2337571.jpg

今回はお財布の都合で余り手をかけることが出来ないのですが、手を入れた箇所の一つがブローバイホース回りでした。発端はRECSを施工した際に1本のホースが折れたことが始まりだったのですが、整備士さんに診て貰った際に切れかけているものが何本かあり、総取っ替えすることになりました。
汚いエンジンルームでゴメンナサイ。

d0079557_23385115.jpg

外したホース類は硬化してしまっており、ゴムとは思えないプラスチックのような状態でした。やっぱり熱が凄いんでしょうね。

d0079557_23424742.jpg

d0079557_2342597.jpg

そしてホース交換時に発見されたのがフューエルデスビ部分からのガソリン漏れ。整備士さんは工場にある中古品と交換するつもりだったのですが、そこは代表も交えてどうしたいのかを伝えます。

d0079557_23425514.jpg

私としては、中古品と交換してもその場しのぎに思えたのでガバナーの手配をお願いしました。写真の黒い部分でお高いパーツです。

結果としては代表から提案のあったOリングの交換で、まずは様子をみることなりました。Oリングの在庫が工場にあったからかもしれません。これで済めばモウケモノです。

少し大げさかもしれませんが自分の整備のスタンスと整備士さん、あるいは工場とのスタンスが数回の修理で一致することは無い可能性もあるので、このあたりはきちっと伝えて行く必要があると感じさせられました。

もちろん整備士さんの言わんとすることも分るのですが、譲歩出来ないところってありますよね。

なんてことを思いながら、その後は代表にオイル交換のスパンなんかを聞いておりました。1年に5,000km程度なら1回/年でいいけど、10,000km超走るのであれば1回はおススメ出来ないとのことでした。

高回転まで回すのであればなおさらとのことでしたので、もう少しオイルには気を使ってみようと思います。グレードは、次回交換時に整備士さんに相談してみようと思います。

今週末には仕上がるとのことですので、週末を楽しみに待つことにしましょう。
第二百十七回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2013-07-28 23:46 | cars | Comments(0)  

いつもドキドキの開封タイム

7月も中旬ですね。決算関係の資料もすすっと完成して、久しぶりの3連休でゆっくり出来ています。

月初もうまく乗り切って7/4の仕事帰りには1年半ぶり(2年半ぶりだと思っていました。)に、AKBの劇場公演を見てきました。

お見送りの時に、小林香菜ちゃんから「ステキ」、きたりえちゃんから「オシャレ」なんて言ってもらえる嬉しいサプライズもあり、一緒に見た弟と『また来たいね〜』なんて話していました。

d0079557_22493245.jpg

さてさて、今日のお題は写真の箱でして中身はヤフオクで落札した時計が入っています。たまたまヤフオクで検索していたら気になる一本があり落札出来ました。駐車場に置きっ放しのSLはどうするの?っていうのは、後々考えましょう(汗)

d0079557_22505025.jpg

届いたのはロレックスのデイデイトのアンティークモデルです。久しぶりのドレス系ウォッチで、革ベルトの時計を以前手にしたのが何時なのか記憶にありません。落札金額は、同じくヤフオクで落札したSLよりも少し安いくらいなので、お買い得と言えるほどでもなかったのですが納得しています。SLが安過ぎですね(汗)

d0079557_22511427.jpg

開封する時は、きれいなのか本当にドキドキします。商品説明に超美品とあったので落札したら、キズだらけだったなんてのも過去にはありました。今回の1本は、前の所有者の方が5月に日本ロレックスでOHを終えていましたのでメカ的には安心、ケースは多少細かいキズが残っていますので恐らくミドルケースの磨きを希望しなかったのではないかと思われます。ケースとベゼルディスクはホワイトゴールドです。個人的にはちょい磨いてみたいところですが、それは次のOHの時にでもお願いしたいところです。ただ次も受けてもらえるかは、また別の問題ではあります(汗)

シリアルから調べると1964年製のようで、確か手持ちのエクスプローラーも同じだったような気がします。今回落札の決め手となったのがオーバーホール済みでほぼ2年のメーカー保証が残っていたことです。

d0079557_22515887.jpg

d0079557_2252896.jpg

かかっている金額もそれなりです。逆にそれが分っていたので落札したのは、SLと一緒です。

ちなみに日本ロレックスの場合は、見積通りではないとOHをしてくれないと思います。文字盤や針が交換されるのを嫌ってショップに出す方も多いのですが、私は拘りが無いのでメーカー基準で必要なものは交換されていた方が安心な人間です。

着けてみると革ベルトなのに重い時計というのが第一印象です。文字盤は黒ですが、グレーっぽい黒でエクスプローラーのものとは違います。そして日付と曜日の合わせ方が分りません(汗)。革ベルトは純正のクロコなのでこれは交換したいと思っています。ケースサイズは36mmと今の基準からすると小振りですが、腕にはぴたっときます。

手持ちのフェリージのバッグに合わせると時計が浮いちゃいますが、そこは小さな時計ですので心配するほどでもないかもしれません。ただ、個人的にはスーツやシャツ、時計、靴、鞄あたりは1点だけが突出することが無いようにしたいなというのが、個人的な思いであったりはします・・・。

これで久しぶりの3本体制で、維持費のことも考えると私の考える理想の本数になりました。

スポーツウォッチをスーツのハズしに使うというスタイルも崩れてしまいますが、縁があって手元に来た時計です。昨年の5513が問題なかったり、あるいはクルマを換えたり、あるいは2針パネライを入手していたら、私のもとには来なかったでしょう。

今はクールビズが終わった後に備えて、どんな革ベルトにしようか考えているところです。
第二百十六回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2013-07-15 23:02 | watches | Comments(6)