カテゴリ:suits( 27 )

 

フルオーダースーツについて問い合わせをしてみました。

あっという間に過ぎ去った一週間でした。来週も前半はかなり
忙しそうです。

先週末、渋谷に出かけた時にジーンズのオーダーをやっている
ショップに立ち寄って話を聞いてきました。アクネジーンズは
股上の浅さがどうしても気になって、あまり履いていません。

このお店は仮縫いがあるということなので、ある程度自分に
あったものができると思ったからです。先客がいたので
あまり詳しい話は聞けませんでしたが、フルオーダースーツも
やっているとのことで、ついでに25万程度の予算だとどのクラスの
生地が選べるのか聞いてみました。その時には明確には
答えていただけませんでした。本店に足を運んだ方が
よさそうです。

フルオーダースーツが気になっているのは、普段着ている
アルデックスのスーツとどのくらいの違いがあるのか
試してみたいのと、新聞に折込チラシが入っていたからです。
アルデックスでは4年ほどオーダーしていますが、気になる
部分もあり、他の場所で試してみたいと思っているところも
あります。

そこで、メールで数店に問い合わせをしてみました。
予算はフルオーダーでは少ないと思いますが、20から25万に
しました。 オーダースーツムックに出ていたテーラー北原から
初めてスーツをオーダーしたテーラーフジヤ、前記のジーンズ
オーダーをやっているテーラー松本などです。

返ってきた答えは、エドウィン・ウッドハウス、ミノバ、ドーメル
ダンヒル、カノニコなどでした。いい生地を選ぶにはもっと
出さないとだめのようです。ちなみに安いところだと在庫から
選べは15万から可能というところもありました。ちなみに
テーラー松本からは返答がなかったなぁ。

そして昨日TIPNESSの帰りに、折込チラシを入れていた
テーラーさんで話を聞いてきました。フルハンドで16万から
できるとのことでしたが、その価格だとカノニコ、25万あれば
ゼニアやダンヒルになるとのことでした。テーラーのおじさん
いわく、工場縫製は直ぐに型崩れを起こしてだめになる、
長く着るなら職人の手縫いに限るとのことでした。ちなみに
フルハンドのものを見せてくれましたが、とっても欲しいと
思えるようなものではなく、ラペルもアルデックスのスーツが
きれいに仕上がっているように思いました。生地もあまり
選択肢がありませんでした。今回問い合わせはしていませんが
安さなら、ヨシムラだと思います。以前スーツの水洗いを
お願いした時に聞いた話だと、着心地に影響を及ぼさないところは
ミシンで縫うと言っていました。フルオーダー=フルハンドでは
無いと思っているので、ありだと思っています。

私は内勤のため秋冬用のスーツは作りませんので、次の
オーダーはまだ先になりますが、その時には気になっている
テーラー2件に足を運んでみようと思います。
第八十三回カキコミ終了。

P.S 有楽町マルイで踵部分の内貼りを直してもらいました。
ポールスミス別注の348ラストのシングルモンクで、形は
大好きなのですが、踵が擦れてしまいます。今回2回目の
修理です。
d0079557_2372358.jpg

[PR]

by igetbetter | 2008-10-19 23:08 | suits | Comments(0)  

出来上がったスーツを着てみました。

新年度に入り、忙しい毎日を送っています。友達と
ご飯を食べる予定もお互いのスケジュールが合わず
早3週間が過ぎ去ろうとしています。
来週にはなんとか時間を作りたいと思います。

2月中旬にオーダーしたアルデックスのスーツが
3月下旬に出来上がり、暖かくなってきましたので
2着ともそれぞれ2回ずつ着てみました。

デルフィノのsuper 150'sの黒は光沢が
本当にきれいで、内勤の人でしたらおススメできます。
店長さんも週1回程度の着用であれば問題ないと
言ってくれましたので、これから活躍してくれそうです。
ただ風合いはすばらしいのですが、耐久性は
落ちそうですし湿度には弱そうです。このスーツには
ポールスミスで購入した、シルクのポケットチーフをさしました。

アルデックスでは過去4年にわたり、ゼニア、
ロロピアーナ、カノニコで作ってきましたが、週2で
着ていたカノニコを除けば目に見える痛みはなく、
ラペルのロールもきれいな状態です。

ドーメルのトロピカルアマデウスは、super 100'sの
イギリス製ということもあり、生地が固く
しっかりしている感じを受けました。
こちらには、初めてリネンのポケットチーフを
購入してさしました。

これを雨の日にも着る予定ではありますが、
貧乏性がたたって決心が付かず、当分の間は
アルデックス一着目のカノニコとテーラーフジヤで
作った(これは本当にくたびれています)スーツに
頑張ってもらうことになりそうです。

雨の日用として後日アルデックスの店長さんから
すすめられたのは、FintesのNanoTechという
生地です。super 130'sの風合いを損なうことなく
撥水加工を施した生地のようです。これこそ
雨の日用の生地として、ベストな選択かも知れませんが
とりあえず今年は見送ることにしました。来年は
各社から同様の生地が出てくるように感じています。
第六十二回カキコミ終了。

P.S  30歳がもう目の前に迫っています。時計を
買おうかと思い、あるショップに2本取り寄せを
お願いしています。店員さんの謎?の発言も
あったので、購入するかどうかは不明です。
買ってしまうと本当にお金がなくなるなぁ。

2本とも針交換をしているので、文字盤との色の
違いが受け入れられるかがポイントですね。
1本はどうやらダメそうです。

デルフィノのタグです。
d0079557_23523112.jpg

トロピカルアマデウスのタグです。
d0079557_23525935.jpg

スーツのネックの部分にアルデックスのタグが付きました。
次回お願いするときには、外してもらいましょう。
d0079557_2354851.jpg

Fintesのバンチの写真を撮りました。ベーシックな色柄も
多く、super 130'sの風合いも損なわれていないという
いいとこ取りをした生地です。
d0079557_001460.jpg

[PR]

by igetbetter | 2008-04-14 00:00 | suits | Comments(2)  

スーツをオーダーしに行ってきました。

1月も中旬になりました。金曜日、私の上司はかなり体調が
悪かったようで、社の全体会議の時もかなり辛そうでした。
毎日夜遅くまで仕事をしすぎなのではないかと思いつつも、
ちょっと言いにくかったりして・・・。東京もかなり寒くなって
来ていますので、体調管理には気をつけたいものです。

土曜日は、アルデックスへ行って来ました。今回も黒無地の
スーツを作りたいと思い、事前に店長さんには用意をお願い
していました。

反物で見せてもらったのが、ドーメルのトロピカルアマデウス
デルフィノのsuper 150's、ゼニアのトロピカル、ロロピアーナの
サマータスマニアン、生地見本帳では、カノニコのsuper 120's、
カノニコのモヘア混(wool 85%、モヘア15%)、REDA、
ユーロテックスといったところです。

このうちトロピカル、サマータスマニアン、カノニコは以前作った
ことがあるのでパスをして、1着はデルフィノのsuper 150'sで
お願いすることにしました。昨年お願いしたサマータスマニアンも
非常にきれいな生地で気に入っていますが、このデルフィノも
wool 100%とは思えないほど、滑らかな手触りできれいな
生地でした。今回見た中では、No.1です。

そして雨の日用には、店長さんと相談の上カノニコのモヘア混を
選ぶことにしました。カノニコの色の出し方は、ロロピアーナと
比べると面白みは無いと思いますが、私はとても好きな黒です。
きっと晴れの日も着ていくことでしょう。

今回思っていたのと違っていたのが、ドーメルのトロピカル
アマデウスでした。ユーロテックスに近い色の出し方で
私のストライクゾーンからは、少し外れていたようです。

いろいろなお話をして気がつくと1時間半ほどが過ぎ、
アルデックスを後にしました。

実は、1つ店長さんにお願いをしてその日注文はしませんでした。

その後、ポールスミスコレクション青山店で、毎年購入している
コードバンらしくない風合いのコードバンのベルトを2本購入、
カーサカミーチャで出来上がったシャツを受け取り、
ポールスミス渋谷店、BEYES表参道とまわって帰りました。

ポルシェデザインのバッグも、オロビアンコのバッグも、実物を
再度手にとって見ましたが、いまいち思っているのと違っていて
どちちも買わないような気がします。

ちなみにスーツのデザイン、ディテールは変更しないので
3年続同じスタイルでの注文予定です。

明日は東京も雪が積もるとのことなので、フィット感抜群の
リーガルの靴で足元に気をつけて出勤することにしましょう。
第五十四回カキコミ終了。

どこのブランドの生地かわかりますか?
d0079557_20392628.jpg

音符マークがかわいい、ドーメルのトロピカルアマデウスです。

ボロデジカメでは生地の良さが伝わりませんが、デルフィノのsuper 150'sです。
d0079557_20414791.jpg

イタリアの生地が好きな方でしたら、是非触っていただきたいと思います。
[PR]

by igetbetter | 2008-01-20 20:49 | suits | Comments(0)  

雨の日用のスーツについて

東京は雨です。F1 日本グランプリも雨ですね。きっと・・・。

ここ2週間の転職活動ですが、先週の火曜日25日に仮の内定が出て
木曜日に条件提示の面接を受けてきました。まだ健康診断の結果を
見てからということなので最終的な内定ではありませんが、人事部長さん
からは内定と思っていただいて構わないとのことでしたので、就職活動を
終え、両親にも会社、待遇面の説明をしました。今週会社には辞める意思を
表明したいと思います。1人新人が辞める(辞めさせられる)のですが、
それはそれで、課長にはなんとかしてもらうしかないでしょう。

昨日父のツレが発生していたスーツをアルデックスへ父の代わりに取ってきました。
その際に雨の日用のスーツの、おススメ生地を聞いてきました。店長さんの
おススメはしっかり織られた英国製の生地とのことで、ジョン・フォスターの
バンチを見せてもらいました。それまでロロピアーナのsuper160のバンチを
見ていたせいか、良くも悪くも面白くないし、安くない値段を出してまで
作りたくないと思いました。店長さんも『IGetBetterさんには、似合わない
ですね。』と言っていました。丈夫さと風合いの両立は難しいのでしょう。
私の場合は、耐久性よりも見た目の方が重要なようです。

現在雨の日用には、テーラーフジヤでオーダーしたスーツとアルデックスで
オーダーしたカノニコ素材の2着が活躍しています。次の会社も駅から
5分くらい歩きますが、内勤ですので今日みたいに雨が降っている日は
上記2着を着まわして、雨の予報で降るかどうかわからない日に着る
スーツを来年の春オーダーしようと思います。そうするとここ2年続けている
スタイルで、カノニコ素材を選ぶことになりそうです。カノニコに関しては
ネットではいろいろ言われているようですが、super110のブラックは
3年着てもきれいだと思います。家に着いたらブラッシングだけは必ず
していますが・・・。

雨の日ならお金をかけずに2プライススーツや、テーラーフジヤの29,800円を
選択するのもアリかもしれませんが、きっと私の場合は選択しないでしょう。

とはいえ作るのは来年ですから、まだ先の話ですね・・・。ゆっくり考えましょう。
ちなみにアルデックスですが、反物の生地に値段表記がされたり、
プライスリストが作られたりと、ちょっぴりお店らしくなっていました。
第三十八回カキコミ終了。

P.S  アルデックスの帰りに、ポールスミス青山店で、コレクションライン
限定のチーニーを試してきました。ヒドゥンソールで、ソールはパープル、
ミシンのステッチ色がレッドで赤の替紐付でした。52,000円とチーニーに
しては安くありませんが、雨の日用にはいいかもしれません。でも先日
ミマツ靴店で購入した、クロケット&ジョーンズのHALLAMは52,000円
でしたので同じ金額でクロケットが買えるなら、自分ならクロケットを人に
勧めると思います。ただチーニーもかたちはきれいでしたよ。
個人輸入を除けば一番安そうですが、今年の冬トレーディングポスト
セールで、ハンドラインが50,400円だったことを考えると、かたちが好きで
なければ買わないほうがいいかもしれませんね。
[PR]

by igetbetter | 2007-09-30 12:33 | suits | Comments(0)  

父と弟がスーツをオーダーしました。

なんだかエキサイトのブログ検索で昨日から不具合が出ているみたいですが
私だけでしょうか?お知らせも無いだけにちょっと不安です。

今週土曜日の午後、西麻布のアルデックスへ家族で行ってきました。
今回は父が礼服を作るのと、私が弟にスーツを作るよう勧めたところ
1着作るとのことで、私はもちろんついていくだけです。

まず父は礼服とのことで生地は合いもの(漢字あっていますでしょうか?)の黒、
弟は冠婚葬祭にも使えるようにとこちらも黒のカノニコを選びました。物の扱いが
荒い?ことを見越した父の一言で、ツーパンツとなりました。ちなみに生地選びは
1分もかかっていませんでした。

スタイルに関して父は礼服なのでピークドラベルでパンツは折り返しを付けない
オーソドックスなかたちになりました。弟も3つボタン段返りのオーソドックな
かたちになりました。本当は3つボタンの上2つがけにしたかったみたいですが
今のトレンドではないと店長さんに教えられて、あっさり従っていました。
弟は初めてスーツを作るので採寸をしましたが、学生時代にバスケで体を
鍛えていたためか、採寸用のサンプルを着てピンを売ってもらっている姿を
見ていると、スーツがとても似合いそうです。
私がつれてこられたのは、どうやらパンツの折り返しをどうするとか、
パンツのクッションはどのくらいにしたらいいのかとか、ベントをどうするとかを
決めるためだったようです。細かい箇所の指定はしていませんが、1着目ということで
出来上がったものをベースに変更を加えていけばいいのではないかと思います。

採寸ってこんな早かったっけと思いながらも、裏地を選んで終了しました。
父は、ロロピアーナのライトプルーの生地でジャケットもお願いしました。
こちらも1分かからずに決めていたような気がします。

その後私はカーサカミーチャに歩いて行くつもりでしたが、車で送ってもらい
ました。今回はロイヤルオックスでボタンダウンを1枚と、ブロードの120番で
こちらは冠婚葬祭に使えるようにダブルカフスのセミワイドにしました。今まで
8枚ほど作ってきましたが、好みのものはほぼ作ってしまったためか今回は
生地選びに時間がかかりました。

父と弟が待っていてくれたのでそのまま車で帰ることが出来て助かりました。
父と弟は仮縫いをしないので出来上がりを待つだけです。私は結局仮縫いを
しない不安に負けてしまったので、もう1回多く来ることになりました。3人の
できあがりが同時だと、車で取りに行くことが出来ますのでそうなることに
期待して3月下旬の仕上がりを待ちたいと思います。
第二十回カキコミ終了。
[PR]

by igetbetter | 2007-02-18 23:33 | suits | Comments(0)  

スーツをオーダーしてきました。

東京は今週1週間暖かくて2月とは思えない陽気でした。精神状態が
あまりよくないためか甘いものを大量に食べた1週間でした。そのためか
今日のTIPNESSのトレッドミルは懺悔の気持ちで走っていました。

水曜日公休消化のために1日お休みにして病院へ行き、思ったよりも
はやく終わったのでアルデックスへスーツをオーダーしに行くことにしました。

約束の時間が14時と時間があったため、渋谷駅上の東急でまい泉の
とんかつを食べて、エム・ワイ・レーベル恵比寿店へ先日オーダーした
カフスを取りにいったら、すでに14時を廻っていました。

約束の時間よりも遅れる旨を連絡して、駒沢通りから六本木通りへとを歩いて
行き結局到着したのは14時30分を廻っていました。

今回はなぜか始めに20代後半から30代前半の経済力の話になりましたが、
貧乏サラリーマンの私の場合は参考になりませんがと前置きして、オーダー
スーツに○○万円もかける人は特殊な人だと思いますよというような話を
していました。とはいえ先日銀行勤めの友達がキャデラックの中古RVに
600万円以上出したなんて話を聞くと、モノに対する価値観は人それぞれだと
思います。車を買えないもしくは買っても維持ができない私には夢のような
話ですが・・・。

さてスーツの話に戻しますと、今回は黒無地のスーツと濃紺のジャケット、
チャコールグレーのパンツを1着ずつオーダーすることにしました。まず
生地を選びます。黒は2年前に作ったのと同じカノニコ、1年前のゼニア
それからロロピアーナ、EUROTEXを反物で見せてくれました。昨年と形を
変えるつもりは無かったので、バンチもいくつか見せてもらいロロピアーナの
バンチから隣り合わせになっていた、シルクが10%入った黒をスーツに
濃紺をジャケットに選びました。パンツはラッシャーミルズというイギリスの
メーカーのカシミアが入った生地を選びました。本当はこのラッシャーミルズの
黒でスーツをオーダーしたかったのですが、あいにく品切れとのことでした。
ちなみにバンチを2、3時間かけて見るお客さんもいるとのことですがそれも
分かる気がします。私の場合は店長さんの提案してくれるものからいつも
決めてしまうのですが、バンチから選んだのは初めてでした。

形は昨年のスーツから変更がなく体型も変わっていないので採寸はなし。
仮縫いも特に変更が無いのであれば、必要ないというのが店長さんの
考え方のようです。出来上がりは3月下旬の予定です。

この後骨董通りを歩いてジャケットにあわせる靴をポールスミスコレクション
青山店でチェックして、表参道ヒルズのバイズストアをチェック、そのまま
明治通りを歩いて渋谷に戻ってきてしまいました。西部渋谷店の近くで
献血をして、アップルストアで5色のiPod sfuffleをチェック、ついでに閉店間際の
東急本店でジャケットに合わせるポケットチーフを購入して家路に着きました。
歩き疲れたせいか、翌日は起きるのが本当にしんどかったような気がします。

P.S 写真のエム・ワイ・レーベルのカフスは確かホーンボタンの色が3種類、糸の
色が20色から選べたと思います。組み合わせて作ってもらえますが納期は1日
です。私の選んだプレーンな組み合わせは初の組み合わせみたいですが、
スーツのボタンホールの色変え見たいなことをやる人は、1万円でおつりが来るので
いくつか作ってみてもいいのではないかと思います。
第十九回カキコミ終了。
d0079557_2035596.jpg

[PR]

by igetbetter | 2007-02-10 20:42 | suits | Comments(0)  

メンズクラブのオーダー特集を読んで

今日は久しぶりにTIPNESSでゲルマニウム温浴をしました。
トレッドミルで1時間弱走った後だったので、暑くて20分が
とても長く感じられました。

TIPNESSに行く前に図書館に寄って、メンズクラブの最新号を読みました。
以前に比べるとあれもこれも欲しいということがなくなり、しかも
インターネットでも情報が手に入りますからこれといって目新しいものは
ありませんでした。ただ欲しいと思っていたM.Y.レーベル
オーダーカフスは気になったので、今月カーサカミーチャに
行った時に話を聞いてこようと思います。

オーダーのメリットというのは、サイズがあったものを探して
歩き回らなくても済むということにあるのではないかと思っています。
お店と予算が決まれば後はそこに行けばいいだけです。

私の場合、1着目のオーダースーツにテーラーフジヤを選んだのは、
自宅から近かったからだと思います。5万円の生地を選んで、
2パンツにしてオプションを付けたら結構な値段になりました。

2着目を作るときに、2パンツにすると高いなぁと感じていた時に
気になっていたのがオーダースーツのヨシムラでした。
いろいろオプションをつければ、これぞという1着が
できるように感じたものです。

ただヨシムラに行くことはなく東京堂シャツのオーナーの
紹介を受けて、アルデックスへ行きました。2年前の冬のことです。
当時はホームページを見て不安が募りましたが、行ってみると店長さんが
いろいろな話をしてくれて、完全に予算オーバーだったものの、
お勧めの中で一番安かったカノニコでお願いしました。本切羽やお台場が
無料だったのが、トータルでは安いと感じたためかもしれません。
AMFステッチの色がブルーだったりピークドラペルだったりパンツは
店長さん好みのラインだったりと、今見るとやりすぎてしまったと
思います。当時その仕様にしたのは他ならぬ私ですが・・・。

そして昨年も予算オーバーだったもののゼニアのトロピカルを選び、
形も雑誌の切抜きを持っていき、仮縫いでチェックをしてオーダースーツ
3着目にして思い通りのものができあがったような気がします。

私の場合雑誌を持っていかなかったのは失敗だったと思っていますので
雑誌の切抜き等を持っていくと、できあがった時にイメージと違ったという
失敗が少ないのではないかと思います。

ただアルデックスの店長さんはできれば2~3着は続けて作って欲しいと
言っていましたので、あまりに違うものができあがった場合は
問題外ですが、1着目からベストのものを作るのは難しいのかも
しれません。

アルデックスはパターンオーダーですしファクトリーですから、
いろいろと制約もあります。それはまた今度にしたいと思います。
第十七回カキコミ終了。
d0079557_2212368.jpg

[PR]

by igetbetter | 2007-01-14 19:05 | suits | Comments(0)