カテゴリ:suits( 26 )

 

アルデックスでスーツをオーダーしてきました。

今週は週始めの雪から、週末の病院といろいろ大変でした。
特に病院は1年振りということもあり、とても混んでいて
結局会社を休むことになってしまいました。上司からは
病院は混むもので甘いなんてメールが来てました。

先週のカキコミにもありましたとおり、定時退社の水曜日を
使って、アルデックスへ行ってきました。やっぱり週末に
スーツを着て行くのは、なんだかんだ言って面倒だったり
します。

ほぼ約束の時間に到着し、Hさんが対応してくれました。
今年は撥水生地で1着と考えていまして、去年作ろうか
迷っていたホーランド&シェリーのドラゴンフライの
バンチを見せてもらいます。
d0079557_048950.jpg

右側のドラゴンフライ2は、綾織りで230g/mですので
まさにピッタリだったのですが、残念ながら撥水加工
されていませんでした。価格も事前にメールで
問い合わせをしていましたが、高い@_@です。

そうすると残りは、ゼニアのマイクロンスフィア
(今年はココにはバンチ無し)、ロロピアーナの
レインシステム、ドーメルのアクアプランから
選ぶことになります。

ゼニアは昨年作って気に入っています。ロロは
バンチを見てもぐっと来ませんし、確か反物に
してから加工をしていたはず。そこでドーメルの
アクアプランになるわけですが、どうしようか
踏ん切りが付かないので、パンツの生地選びを
することにしました。そう転んでダメになった
パンツの代わりです。

デルフィノのsuper 150'sも良かったのですが
新しくなったサマータスマニアンもよくて
甲乙付けがたいところです。
d0079557_163347.jpg

こちらも迷ったまま、時間が過ぎます。

サマータスマニアンと、アクアプランのバンチを
比べます。サマータスマニアンはスーツもジャケットも
作っていて、光沢があって私好みの生地です。
d0079557_113481.jpg

比べているうちに、アクアプランも悪くないと思い
はじめ、Hさんのキレイに仕上がりますよの押しも
あり、スーツはアクアプランで決定。色はもちろん
黒無地です。パンツはHさんと一緒に悩んで、クリアに
感じられたサマータスマニアンを選ぶことにしました。

どちらも値段が値段だけに、スーツは今年は見送ろうかとも
思っていましたが、結局は作ることにしました。

サイズ、ディティール等は、前回と同じ、といいますか
2回目のオーダーから何も変えていません。着丈が少し
イマドキから長めかもしれませんが、長く着るものですので
自分で気にいったかたちで、お願いしています。

その後はHさんから黒い生地の製造の難しさと、撥水生地の
お話を聞かせてもらいました。今後東京店はHさんが舵取りを
して行くと思いますが、Oさんの頃に比べていろいろな面で
しっかりして行くことと思います。

ここには書いていませんが、あり得ないミスもあったからなぁ。
そのうちの1回は、私自身生地選びも失敗したので1着を
スポーツクラブに行く時用に残して2着はオークションで
手放しています。このあたりHさんは、大丈夫だと思います。

気がつけば21時30分を回っていました。随分と長居をして
しまったようで、アルデックスを後にしました。数が揃ったのと
気に入った生地で一通りつくったので、スーツのオーダーも
今回でストップかなぁ。

新しいスーツが出来上がるのは、4月上旬。これに合わせて
鞄や傘も新しいのが欲しいですが、クルマのこともありますので
なかなか一度には揃いませんが、ゆっくりいきたいと思います。
第百六十八回カキコミ終了
[PR]

by igetbetter | 2011-02-20 01:51 | suits | Comments(0)  

アルデックスでスーツの仮縫いをしてきました。

3月も終わりが見えてきて、会社の1年も終わりが近づいてきました。
日々の業務と、(結局余り進まなかったけど)自己目標の滞留解消のため
土、日と出社していました。それ以外にも今週は、社長から状況
説明を求められたり、監査からは内部統制上の不備を指摘されたりと
いろいろあった1週間でした。

ただ日曜の午後になると集中力が切れたので、アルデックスへ連絡をして
スーツの仮縫いに行ってきました。ついでに前々から袖丈を直したいと
思っていたスーツ3着と、Brift Hへ靴を持っていくために父にクルマを
借りて六本木へ。ボリオリのドーヴァーを着ていきましたが、ジャージ
素材ということもあり、着たままでもクルマの運転は楽チンでした。

17時過ぎに着いて、早速仮縫いをします。といってもパターンオーダー
ですので付き皺がないか、着丈、袖丈に問題がないかを確認する程度です。
新しいパターンはフロントカットのカーブも大きくなっていたのですが、
随分と今風になった感じがします。袖丈が指定よりも1cm長かったので
つめてもらい、ちょっと気になっていた着丈をHさんにも見てもらい
ましたが、今のサイズでお願いしました。

今回の仮縫いはドーメルのサマーアマデウスでしたが、店長さんもとても
きれいで仕上がりが楽しみと言っていました。ぱっと見英国生地っぽく
ないのですが、それでも今回お直しで持っていったデルフィノの
SUPER 150'sやロロピアーナのサマータスマニアンと比べると、やっぱり
自分はイタリアものが好きなことを再認識しました。今までいろいろ
作ってみましたがイタリアもので、春夏ものでも綾織りの生地が好きな
ようです。今年見た中ではトゥモローランドにあった、グアベロの
SUPER 150'sなんかもとてもきれいでしたので、来年お願いしてみよう
かなと思っています。

次にディテールを確認。ここ1、2年はこれをやっていなかったのですが
昨年のこともありチェック。胸ポケットが指定していないバルカに○が
ついていたので修正。後はパンツの裾に生地ミミを付けてもらうように
記載があるかを確認。生地ミミは付けるよう一番最初の時からお願いを
していたのですが、一昨年のデルフィノ、去年のゼニア、フィンテスに
付いていなかったので聞いたところ、『何時からか付けなくなったん
ですよね、生地をカットする人が気にしないとそのままですね。』との
こと。生産性を考えると分かる話しではありますが、裏地を選んだり
するよりも、オーダーらしい部分だと思っているということを伝えました。

そして袖丈のお直しですが、測ってみるとなんと指定よりも1.5cmも
長く仕上がっていたことが判明。店長さんも±0.5cmは許容範囲として
見て欲しいと言っていましたが、『これは検品時に見落としてはいけない
はず。』と首を傾げていました。本切羽にしているので肩から詰めるよう
お願いをしましたが、後から連絡があり袖山から詰めると袖がきれいに
落ちないことがあるようで、時間をいただきたいとのことでした。
お気に入りなやつばかりなのと、イメージが湧かないのでかなり
不安です。雑誌で洋服のリフォーム特集が組まれることも多いですが
やっぱりどんなことにもリスクがありますね。

服の構造を理解していないお直し屋さんはないと思いますが、お直し後に
問題なく仕上がっているか確認をするのには、それなりの経験が必要に
なるのでしょうね。

ちなみにお直し代がかかるようで、3着で私が作っているシャツ
1枚分のようです。これぐらいサービスして欲しいなあ。

その後は、持っていった某百貨店のDMを見ながら○×△なトークが
展開されました。前の会社を辞める前に販促をしていた人間にはとても
痛い話しでしたが、なかなか過去のやり方を変えるというのは難しい
ものですね。

アルデックスを後にして、Brift Hへ。今日はクルマで来たので本当に
楽でした。靴を磨いてもらっている間は、アルデックスでの話しを
していましたら、Aさんに『IGetBetterさんは、やさしいですね。』
なんて言われてしまいました。サービスを提供されているショップの
方だけに意味深な一言に感じました。20分ほどでいつも通りの靴の
仕上がりに満足して、帰宅しました。
第百五十回カキコミ終了
[PR]

by igetbetter | 2010-03-22 10:32 | suits | Comments(0)  

アルデックスでHさんと生地選びをしました。

気がつけば3月、今週は3日間コート無しで通勤しました。
春夏ものの背抜きのスーツですので、朝はちょっと寒い
ですが、それよりも花粉の方がしんどくなりつつあります。
ちなみに今日も出社して、書類やメールの整理をして
上司から依頼の急ぎの資料を作っていると、気がつけば
20時前でした。

さてさて2/20のカキコミでアルデックスに行き、スーツを
お願いしてきたことを書きました。その時は、ドーメルの
アクアプランとホーランド&シェリーのドラゴンフライで
作るつもりでしたが、ちょっと迷っていたので発注は待って
もらっていました。

そしてオークションに出品していたスーツを発送するために
数少ない手持ちのスーツを引っ張りだしているうちに、もう
一度アルデックスに行って見るかと思い始めました。そして
アルデックスへTELしてアポを取りました。

その日は、店長さんはお休みでしたのでHさんが対応して
くれました。ドラッパーズのsuper160's(by カノニコ)も
良いですねなんて言った後、値段を聞いてビックリ。

1着は撥水素材で作るつもりでしたので、AZABU THE CLASSIC
TAILORで見たロロピアーナのレインシステムがあるか聞いた
ところちゃんとありました。店長さんにはいつも探しているのを
事前に伝えているんだけどな〜。そしてゼニアのシャンのバンチを
手に取りながら、『マイクロンスフィアはないんでしょうか。』と
聞くと、『多分これがそうでしょう。』といい水をかけてみると
ころころと弾きます。もしかして去年もあったのかな。

1着はシャンマイクロンスフィアに決めました。もう1着はドラゴン
フライにしようか迷いました。Hさんに意見を求めると、シャン
マイクロンスフィア、レインシステム、アクアプランの3つの
バンチを手に、個人的な好みもあるとは思いますがと前置きを
して説明をしてくれました。ドラゴンフライで一番気になったのは
その重さでした。200g/mでパンツがきれいに落ちるのか不安
だったのです。Hさんの話も聞いてもう1着はサマーアマデウスで
お願いすることにしました。

その後は、Hさんと靴の話をしていました。そのなかで『エドワード
グリーンも高くなりましたよね。』なんて話をしていたら、『私が
はじめてエドワードグリーンを買った時は4万円ちょっとでした。』
とのことで、その後はHさんが前職の話をしてくれました。その
ブランドを私が初めて知ったのは、確か高校3年生の時でした。
今は百貨店の一ブランドかもしれませんが、メンズクラブの別冊には
セレクトショップとして始まったと書いてあったことを思い出し
そのことを話すと、今人気のイタモノパンツも随分と前から扱って
いたことを話してくれました。

これで察しがつく方もいらっしゃると思いますので、靴の話に戻すと
雨の日はジョンロブのダブルソールのものを履いているとのことで
『雨の日はこれが一番なんですよ。』なんて話を聞きながら、店を
後にしました。

そして後日、店長さんから見積もりを送ってもらい、良い値段が
するなあと思いながらもシャンマイクロンスフィアとサマー
アマデウスでお願いをしました。

今回は仮縫いもお願いしたので、出来上がりは当分先ですが
出来上がったらまたスーツを処分しないと入りません。

この前新聞で伊藤忠の社長さんの紹介記事で、スーツは60着
靴は200足を持っているとありました。それだけ持っている
ことも驚きですが、それらを納める収納スペースがあること
にも驚いてしまいます。私がチェックをしているブロガー
さんにも、同じような方がきっといるような気もしています。
第百四十八回カキコミ終了

P.S それは昨日のこと、明日も出社するので少しでも早く家に
着きたいという思いで、いわゆる駆け込み乗車というのをして
しまいました。その結果はしゃないですっこけ、周りからは
冷たい視線が。幸いにどこもぶつけなかったのですが、もし
そこにお子さんや年配の方、ベビーカーがあったらただ事では
済まなかったと思います。駆け込み乗車の瞬間って周りの
状況まで目に入りませんよね。久しぶりにまずいと思ったので
書き留めておきます。

それからヤフーオークションにジャガールクルトのレベルソ
シャドーを出品しました。もしよろしければチェックしてみて
ください。
d0079557_0494682.jpg

[PR]

by igetbetter | 2010-03-07 00:50 | suits | Comments(2)  

アルデックスでスーツをオーダーしてきました。

今週は久しぶりに高校の同級生と会っていろいろと語りました。
業種も職種も違えど、お互い会社の業績が良くないため経費削減の
中で何が出来るのかがメインのお題でした。3年後の自分の部署を
どうしていたいかなんて、私も日頃考えていたので熱く語って
しまいました。

さて、仕事の話はこれくらいにして本題に入りましょう。金曜日は
一日休みをもらって、ロレックス、アルデックス、Brift H、銀座と
回ってきました。

ロレックスには最初行くつもりはなかったのですが、針交換をした
サブマリーナの受取り、先月購入したサブマリーナと、4年使った
エクスプローラーのオーバーホールの見積もりを取るため丸の内へ。
d0079557_214564.jpg

サブマリーナは預かりとなり、エクスプローラーは『5〜6年に
一度のオーバーホールをお勧めしていますのでまだ早いです。』
とのことで、そのまま返却となりました。

ロレックスを後にして、銀座の空也で最中を受取りアルデックスへ。
約束の時間に随分と遅れてしまい、他のお客さんとブッキングして
しまったのですが、Hさんのお陰で助かりました。今年は事前に
石田洋服店のHPで生地情報をチェック。ここを昨年、一昨年と
チェックしていれば、昨年一着はアクアプランに、一昨年の
トロピカルアマデウスはサマーアマデウスになっていました。
さてドーメルのアクアプランはメールでお願いしていましたが
今年の春夏ゼニアはマイクロンスフィアを展開していないようです。
替わる生地が春夏に間に合わなかったのでしょうか?他に勧めて
くれたのがフィンテスでしたが、それはちょっとね。
d0079557_21242435.jpg

そういえば去年高いので、余りお勧めできなんだけどと言われた
生地を思い出しました。それがホーランド&シェリーのドラゴン
フライのナノブロックです。触っただけでアクアプランとの
違いがわかります。値段はとっても高いです。
d0079557_2293072.jpg

その後、去年のモデルの胸回りが今一だったということを伝えて
今年の新しいパターンを着せてもらいました。アルデックスで
今まで作ってきたパターンは胸回りの余裕があり、特に去年
作ったものはその感が強かったのですが新モデルはピッタリ
でも当たらないという私にはさらに合うモデルに生まれ変わって
いました。私の体型上、ピッタリ過ぎると肩が当たってしまう
というのはAZABU THE CLASSIC TAILORの店長さんにも
言われていて、あきらめていたところもあっただけに
うれしかったです。

結局一時間ちょっとお邪魔をして、注文は後日することにして
アルデックスを後にしました。Brift Hに寄った後、せっかく
なので表参道ヒルズのバイズストアに行き、別注のPIPPOを
見てきました。近所に買い物に行った際にお財布が取り出し
にくいような気もしたので、購入は見送って手持ちのトルッコ
ミニを使い続けることにしました。

表参道からは銀座へ。AZABU THE CLASSIC TAILORに寄って
生地の相談をしたところ、ロロピアーナのレインシステムの
バンチを見せてくれましたがイマイチでした。Yさんからは
サマーアマデウスを勧められましたが、今回欲しいものからは
外れてしまうので、お断りをして店を後にしました。

銀座に寄った目的は、他にもあってファイブワン工業のサビル
クラシック
と、42ND ROYAL HIGHLANDが取り扱いを始めた
Walker&Gunn
をチェックするためでした。

サビルクラシックではパターンを着せてもらいたかったのですが
店員さんがおらず要予約といった感じです。ちなみに出来上がりを
みた別のショップの方からはとてもきれいと聞いていますが、まだ
立ち上がったばかりなので思っていたようにならなかった方もいる
ようです。

Walker&Gunnは足入れをさせてもらいましたが、踵が小さいのと
甲が英国靴にしてはとても低いのが印象に残りました。欲しいかと
言えば、もうちょっとカタチがと思ったのでNoですね。工場は私も
含めて皆さんが一足は持っているブランドの工場でした。

気がつけば夕方になっていました。帰りの電車ではアルデックスに
持っていったボリオリのドーヴァーを忘れそうになったりもしましたが
歩いていて寒くもなく嫌には感じなかった一日でした。早く作る
生地を決めないとね。
第百四十六回カキコミ終了

P.S  1月末から私の職場でも会社説明会を始めています。学生さんは
春休みに入ったこともあり勝負の時ですね。採用担当に聞くと私たちの
会社には無縁ですが、どこも去年以上に説明会の予約をとるのが大変に
なっていて、学生さんはダブルブッキングさせていることも多いようです。

4月から社会人になる子たちが、電車でリクルーターの話をしていると
出身大学も大切とは思いますが、それはそれとして新卒で入る会社は
いろいろな意味で重要ですので数ヶ月間は本当に頑張って欲しいと思います。
就活中の弟には未上場版の四季報も買うように言ったけど、ちゃんと買ったの
かな。10年ほど前の就職氷河期に就活をまともにしなかった者より。
[PR]

by igetbetter | 2010-02-20 23:47 | suits | Comments(0)  

アルデックス製のゼニア生地のスーツを出品しました。

毎日寒いですね。私は懐も寒いです。でも銀座のビームスで見た
PT01のパープルでパイピングされたパンツが気になっています。

ヤフーオークションに、アルデックスでパターンオーダーしたゼニアの
トロフェオを使用したスーツ(おまけでポケチとカノニコ素材のスーツも
おつけします。)、ダスコのダンケルマンのシューツリー、それから
ブライトリングのナビタイマーも引き続き出品中ですので、よろしければ
チェックしてみてください。
d0079557_23362417.jpg

d0079557_23363974.jpg

d0079557_23371964.jpg

[PR]

by igetbetter | 2010-02-13 23:37 | suits | Comments(0)  

雨の日のファッションは・・・。

東京は梅雨明けしたのに、先週4日間ははっきりしない天気でしたね。
新しい靴を履いていこうかと思いましたが、チャンスがありませんでした。
天気予報は曇りでも、雨雲の動きを見て通勤時間帯には雨雲に覆われて
いる場合には雨の日ファッションで出かけます。

今年雨の日用のスーツを作ったことは以前書きましたが、そんな雨の日に
活躍してくれるスーツ達です。昨年の5月ごろだったかと思いますが、
アルデックスの店長さんから『撥水生地のいいのが入りました。』という
連絡をもらって、実際にデモをしてくれたのがFINTESのマイクロナノ
テクノロジーという生地でした。
d0079557_21513927.jpg


その時は、サブマリーナを購入したばかりで金欠のため、『来年作ります。』
と言ったのでした。2パンツで2着作る余裕は全く無く、また来年になれば
もっと他メーカーからも出てくるのではと思っていました。そしてこちらも
以前書きましたが、情報収集をしっかりしなかったためFINTESの黒無地で
2着作りました。

雨の日に着てみた感想ですが、駅と会社の間、本降りの中を5分強歩いても
スーツには水滴がほとんど付いていません。パンツの裾に付いたであろう
水滴も社内をちょっと歩けば、ほとんど落ちてしまいます。それ以外に
個人的に気に入ったのはとても軽いところです。これは恐らく生地が
薄いためだと思います。逆に言えば冬は寒いと思います。(そう私は、
夏用スーツを冬も着ています。)

逆にもうすこし頑張って欲しいと思うのは、やっぱりイタリア素材らしい
光沢や艶感がほぼ皆無だということです。英国生地が好きな人でしたら
いいのでしょうが、私は物足りなく感じました。このあたりは銀座の
麻布テーラーで見せてもらったドーメルのアクアプランに負けています。
それから織りのせいだと思いますが、糸くずのようなものが生地に
付きがちです。

価格も含めたトータルの満足度は★★★☆☆といったところですが
雨の日用としては十分でしょう。最寄り駅でスーツの水滴をふくのも
あっという間でスマートです。

このスーツの相棒は、靴は以前紹介したクロケット&ジョーンズの
HALLAMが2足、どちらもダイナイトソールです、。雨に濡れると
見た目がイマイチになっていますが、お手入れをしてあげれば
大丈夫です。

鞄は、ダニエル&ボブのナイロンとレザーのコンビのものを
使っています。昨年日本橋三越のセールで、21,000円で
購入したものです。安かったので買っただけで、本当は
ポルシェデザインのものを購入して使おうと思っていたのですが、
今年の3月ごろに買おうと思ったら廃盤になってしまっていて
これが雨に日用として活躍しています。ナイロンがメインで
レザーを部分使いしているモデルですので、これも水滴を
拭き取るのは簡単です。
d0079557_2251270.jpg


雨の日用もお気に入りのもので固められるようになりましたので、
以前よりも嫌ではなくなりました。昨年までは雨だから濡れても
いいやといった着こなしでしたが、今年からは雨でも晴れの日と
同じ着こなしに変わりました。撥水生地のスーツとラバーソールの
靴を複数持っていると、雨の日が続いても平気ですので、これから
スーツを考えられている方にはぜひお勧めしたいです。

明日も雨が降るか降らないか微妙なところです。やっぱり雨は
降らないで欲しいなぁ。
第百十八回カキコミ終了

P.S 来週末は8月で、7月もおしまいですね。カーサカミーチャの
シャツも出来上がってきます。次回はセールのことでも書きたいと
思います。

スーツのスタイルはいつものかたちです。タイはステファノビジ、
ポケチはスーパースーツストア、写真はスーパースーツストア
HPから借りました。ペイズリーの部分がドットのものもあって
それも2枚購入しました。
d0079557_2212010.jpg

d0079557_2235644.jpg

これはTOMORROW LANDで購入した別注もののダニエルボブです。
今の会社に入ってからは、雨の日用になっていたものの、通算5年近く
使っていたので革の部分をはじめとして、ちょっとぼろくなりました。
これを買った時店員さんには、『まだ小さなブランドでブランド専用の
保存袋もないんですよ。』なんて言われたような気がします。今では
考えられないですね。
d0079557_224841100.jpg

[PR]

by igetbetter | 2009-07-26 23:03 | suits | Comments(0)  

出来上がったスーツを着てみました。

金曜日は、会社の会議のあと上司と、他部署の人としゃぶしゃぶを
食べに行きました。会議の社長の話にはみんなびっくりで、その話が
ラストオーダーまで続きました。新入社員はこの会社大丈夫かいなと
思ったかもしれませんが、この危機は皆で乗り越えなくてはいけません。

さて4月の下旬に出来上がったアルデックスのスーツのうち、
ゼニアのトロフェオを2回ほど着ましたので簡単にレポートしたいと
思います。まずウール100%なのに生地の光沢がすごいです。
昨年作ったデルフィノのsuper150'sもきれいでしたが、それを
上回ります。個人的にはトゥーマッチに感じられ、職場によっては
NGかもしれません。このあたりは生地見本帳だと分かりにくいですね。

生地はしっかり感と、しなやかな感じ、両方を持ちあわせている
印象を受けました。このバランスの良さと色気のあるところが
高い評価を受けている所以ではないかと思います。

着ていった日はたまたま涼しい日だったので、外では大丈夫でしたが
職場で仕事をしていると、他の生地のものと比べるとちょっと蒸れやすい
ように感じました。普段着ているスーツはトロピカルやサマーといった
名前が付いていますので、それに比べると生地も厚めでしょうか。

今回はトロフェオとフィンテスのマイクロナノテクノロジーで作りましたが
マイクロナノテクノロジーの方は、ぽつりぽつりレベルの雨にしか
遭遇していませんので、本降りの雨の日に着ていった時にでも
書きたいと思います。
第百十回カキコミ終了

P.S 弟の彼女もまだ本命が残っているようですが、大手食品メーカーを
はじめ、金融数社からも内定が出て一安心のようです。就職活動を
まともにしなかった自分は、今さらながらに社会を舐めていたと思います。
大学4年生の方で私のブログを見ている方がいたら、本命に落ちても
自分で納得できるまで頑張ってくださいね。

d0079557_2312393.jpg

この光沢感!黒無地ですが好き嫌いははっきりすると思います。
3ボタンのなか1つがけです。ちなみにかたちはこの4年間
変えていませんので、ワードローブには同じようなスーツばかりが
並んでいます。

d0079557_2347196.jpg

ラペル幅は、7.5cmにしています。着て撮ったほうが分かる思いますが
ラペルのロールは本当にきれいです。

d0079557_23475282.jpg

裏地もこれまたいつもダークネイビーです。

d0079557_2349089.jpg

袖口はボタン4個、重ねボタンは好きではないのでしていません。

d0079557_23502281.jpg

これは初めて作ったオーダースーツです。テーラーフジヤというお店で作りました。この1年間は
ほとんど着る機会がなかったので、今回弟にあげました。

d0079557_2355083.jpg

裏地は鮮やかなブルーです。飲み会では結構受けが良かったです。

d0079557_23555970.jpg

裏地の色といい、袖口のボタンホールの色といい、今見ると恥ずかしかったりします。
これでも当時はお気に入りでした。生地は国産ですが悪く言えばしっかりしている
だけです。オプションとスペアパンツをつけて7万4千円でした。
[PR]

by igetbetter | 2009-05-18 00:04 | suits | Comments(2)  

やっぱり、スーツは2パンツ?

昨日から、東京はやたらと暖かく冬から春になってしまったかの
ようです。今日はカットソーとコットンのライダーズジャケットで
外出しました。でもすぐに元に戻るでしょうから気をつけないと。

先週のカキコミにあるとおり、日曜日にもデルフィノのパンツを
持ってアルデックスへ行ってきました。パンツのひざ下の外側に
ほつれたような痕があったため、アルデックスに電話をすると
店長さんが『とりあえず見て確認させてください』とのことでした。
かけはぎで直ればいいなあとおもいながら、約束の時間に
遅れないように行きました。

早速、確認をしてもらいます。
d0079557_22127100.jpg

すると、直ぐに『糸が切れてしまっているから、これはかけはぎで
直すしかないですね。でも痕は残ってしまいます。』とのことでした。
これは最悪の事態です。考えてもパンツは元に戻らないので
もう1本お願いしてきました。このデルフィノの生地のスーツは
昨年作ったばかりで、super150'sの生地もウール100%で
ありながら、艶感たっぷりで即決したように思います。それが
1年も経たずに・・・、しかも4万円が飛んでいってしまった。

不幸中の幸いは、2パンツにしていたのでパンツが上がってくるまでの
間も、着られるところです。私が1着目のオーダースーツから
2パンツにしているのは、前の会社の時に新卒時の就職活動用に
買ったスーツ2着に今回よりも大きな引っかけたような痕が
できてしまいだめにしてしまったからでした。まあスーツを
着るようになった仕事になったのに、お金が無くてその2着しか
スーツが無かったせいもあると思います。その頃はブラッシングも
していなかったので正確には就職活動中なのか、会社に入って
からなのか実は不明です。

ということで、それ以来スーツを作るときは必ず2パンツにして
います。今後も作る時は2パンツにしよう、そう思わせた
アクシデントでした。
第九十八回カキコミ終了。
[PR]

by igetbetter | 2009-02-14 23:02 | suits | Comments(0)  

アルデックスでスーツをオーダーしてきました。

2月も1週目が終わりました。金曜日を休みにしたので、
フルで仕事をしたのは4日なのですが、そのうち3日も
帰りの電車で寝過ごしてしまいました。金曜日休むために
いつもよりも集中していたからかな?

今週金曜日は会社を休みにして、アルデックスへスーツを
オーダーしてきました。今年は雨の日用のスーツを2着に
晴れの日用のスーツを1着作ろうかどうかというところでした。

雨の日用は、フィンテスのマイクロナノ・テクノロジーと
ゼニアのシャン・マイクロンスフィアにするつもりで
六本木駅から歩いて西麻布へ向かいます。風は
冷たいですがそんなに寒くありません。

テーブルの上には生地が、たくさん並べられています。
1着はフィンテスの黒無地で決定して、ゼニアのバンチを
見せてもらいましたが、シャンマイクロンスフィアの黒無地が
ラインナップにない!!フィンテスはバンチがないという
ことで、迷いに迷った結果、同じ黒無地でもう1着、
計2着をお願いしました。さらに2パンツにするかどうか
迷いました。店長さんは2パンツは「もったいない」との
ことでしたが、長く使うことを考えて両方とも2パンツに
しました。

続いて晴れの日用ですが、こっちは店長さんと一緒に
悩みます。ロロピアーナが新展開する『THE WAVE』
という生地をおすすめしてくれましたが、一昨年作った
サマータスマニアンと生地の重さもシルクもおなじような
感じで違いがわからず、結局ゼニアのトロフェオの
黒無地を2パンツでお願いしました。

裏地も含めてデザインはこの4年間同じですが、特に
変えたいところもないためそのままにして、ダブルカフスの
シャツを着なくなったため袖丈を5mm短くしてお願いしました。

この後、カーサ・カミーチャで出来上がったシャツを受け取り、
原宿のSOPHNET.のFCRBシャツはプリントが直ぐに
取れそうだったので見送りました。遅いお昼ご飯は平河町の
川澄で豆乳鍋をいただきました。

さらに銀座へ。ニコラス・ハイエックセンターの5Fへ行き
バックルの交換をお願いしました。傷が目立ったので
交換したのですが、以前はかなり力を入れないと
外れなかったバックルが簡単に外れるようになりました。
プッシュ式バックルではないタイプの唯一の欠点だと
思っていたのですが、これが解消され大満足です。

銀座からは、新丸ビルへ。雨の日用に昨年セールで
買ったダニエル&ボブを、雨の日に使うべきかどうか
迷っているため、Theoryにあったバックを見せてもらい
ました。仕切りも細かく分かれていて、なかなか良さそう
でした。1Fのユナイテッドアローズでブルーミング中西の
ハンカチが40%オフだったので、今使っているのと同じ
柄のものを5枚買って、帰宅しました。
第九十七回カキコミ終了。

P.S 今日スーツのブラッシングをしていたら、なんと
デルフィノのパンツに・・・。ということで明日もアルデックスに
行くことになってしまいました。

今回、ニコラス・ハイエックセンターで交換したバックル
部分です。今まで付いていたものと比べると、新しいものは
文字の刻印が明らかに薄くなっています。ただこの
スピードマスターはユーズド品なのでオリジナルの
状態は不明です。ちなみに13,860円かかりました。
交換の技術料はサービスで0円でした。
d0079557_18521742.jpg

[PR]

by igetbetter | 2009-02-07 18:57 | suits | Comments(0)  

フルオーダースーツについて問い合わせをしてみました。

あっという間に過ぎ去った一週間でした。来週も前半はかなり
忙しそうです。

先週末、渋谷に出かけた時にジーンズのオーダーをやっている
ショップに立ち寄って話を聞いてきました。アクネジーンズは
股上の浅さがどうしても気になって、あまり履いていません。

このお店は仮縫いがあるということなので、ある程度自分に
あったものができると思ったからです。先客がいたので
あまり詳しい話は聞けませんでしたが、フルオーダースーツも
やっているとのことで、ついでに25万程度の予算だとどのクラスの
生地が選べるのか聞いてみました。その時には明確には
答えていただけませんでした。本店に足を運んだ方が
よさそうです。

フルオーダースーツが気になっているのは、普段着ている
アルデックスのスーツとどのくらいの違いがあるのか
試してみたいのと、新聞に折込チラシが入っていたからです。
アルデックスでは4年ほどオーダーしていますが、気になる
部分もあり、他の場所で試してみたいと思っているところも
あります。

そこで、メールで数店に問い合わせをしてみました。
予算はフルオーダーでは少ないと思いますが、20から25万に
しました。 オーダースーツムックに出ていたテーラー北原から
初めてスーツをオーダーしたテーラーフジヤ、前記のジーンズ
オーダーをやっているテーラー松本などです。

返ってきた答えは、エドウィン・ウッドハウス、ミノバ、ドーメル
ダンヒル、カノニコなどでした。いい生地を選ぶにはもっと
出さないとだめのようです。ちなみに安いところだと在庫から
選べは15万から可能というところもありました。ちなみに
テーラー松本からは返答がなかったなぁ。

そして昨日TIPNESSの帰りに、折込チラシを入れていた
テーラーさんで話を聞いてきました。フルハンドで16万から
できるとのことでしたが、その価格だとカノニコ、25万あれば
ゼニアやダンヒルになるとのことでした。テーラーのおじさん
いわく、工場縫製は直ぐに型崩れを起こしてだめになる、
長く着るなら職人の手縫いに限るとのことでした。ちなみに
フルハンドのものを見せてくれましたが、とっても欲しいと
思えるようなものではなく、ラペルもアルデックスのスーツが
きれいに仕上がっているように思いました。生地もあまり
選択肢がありませんでした。今回問い合わせはしていませんが
安さなら、ヨシムラだと思います。以前スーツの水洗いを
お願いした時に聞いた話だと、着心地に影響を及ぼさないところは
ミシンで縫うと言っていました。フルオーダー=フルハンドでは
無いと思っているので、ありだと思っています。

私は内勤のため秋冬用のスーツは作りませんので、次の
オーダーはまだ先になりますが、その時には気になっている
テーラー2件に足を運んでみようと思います。
第八十三回カキコミ終了。

P.S 有楽町マルイで踵部分の内貼りを直してもらいました。
ポールスミス別注の348ラストのシングルモンクで、形は
大好きなのですが、踵が擦れてしまいます。今回2回目の
修理です。
d0079557_2372358.jpg

[PR]

by igetbetter | 2008-10-19 23:08 | suits | Comments(0)