やっぱり、スーツは2パンツ?

昨日から、東京はやたらと暖かく冬から春になってしまったかの
ようです。今日はカットソーとコットンのライダーズジャケットで
外出しました。でもすぐに元に戻るでしょうから気をつけないと。

先週のカキコミにあるとおり、日曜日にもデルフィノのパンツを
持ってアルデックスへ行ってきました。パンツのひざ下の外側に
ほつれたような痕があったため、アルデックスに電話をすると
店長さんが『とりあえず見て確認させてください』とのことでした。
かけはぎで直ればいいなあとおもいながら、約束の時間に
遅れないように行きました。

早速、確認をしてもらいます。
d0079557_22127100.jpg

すると、直ぐに『糸が切れてしまっているから、これはかけはぎで
直すしかないですね。でも痕は残ってしまいます。』とのことでした。
これは最悪の事態です。考えてもパンツは元に戻らないので
もう1本お願いしてきました。このデルフィノの生地のスーツは
昨年作ったばかりで、super150'sの生地もウール100%で
ありながら、艶感たっぷりで即決したように思います。それが
1年も経たずに・・・、しかも4万円が飛んでいってしまった。

不幸中の幸いは、2パンツにしていたのでパンツが上がってくるまでの
間も、着られるところです。私が1着目のオーダースーツから
2パンツにしているのは、前の会社の時に新卒時の就職活動用に
買ったスーツ2着に今回よりも大きな引っかけたような痕が
できてしまいだめにしてしまったからでした。まあスーツを
着るようになった仕事になったのに、お金が無くてその2着しか
スーツが無かったせいもあると思います。その頃はブラッシングも
していなかったので正確には就職活動中なのか、会社に入って
からなのか実は不明です。

ということで、それ以来スーツを作るときは必ず2パンツにして
います。今後も作る時は2パンツにしよう、そう思わせた
アクシデントでした。
第九十八回カキコミ終了。
[PR]

by igetbetter | 2009-02-14 23:02 | suits | Comments(0)  

<< エディフィスで春物のアウターを... ヤフーオークションにいろいろと... >>