靴のソールにラバーをはりつけてもらいました。

仕事が、やってもやっても終わらないIGetBetterです。
3連休後、しかも最終週、気がつけば金曜日になっていそうです。

クリスマスということで好きな人と過ごす人、家族と過ごす人
様々だと思いますが、IGetBetterはいつもの週末と変わらず
Tipnessに行く以外は一人でだらだらと過ごしていました。

先週オークションで落札したクロケット&ジョーンズのAudleyが
届いたので、日本橋高島屋のミスターミニットへ持って行き
つま先とかかとにラバーをはってもらいました。ラバーをはるのは
レザーソールの靴にとっては良くないみたいですが、雑誌に
書かれていることを参考にすると3つあると思います。

1つ目は、通気性が損なわれること。
2つ目は、エレガントさが失われること。
3つ目は、雑誌には書かれていませんが、ソールがフラットではなくなること
以上、3点ではないでしょうか。

私自身が、気になるのは3点目だけです。それも履いている時には
余り気になりません。逆にラバーをはるメリットは、ラバー部分だけを
交換すればいいので、ソールの寿命が圧倒的に延びることでしょうか。

実際2年ほど履いているHALLAMも、今年かかと部分のラバーだけを
はりかえて使っています。ただし1時期、週二回履いていたので、週一回
もしくは隔週で履いている、他のクロケットと比較すると外見はかなり
疲れています。週1のローテーションにしてあげると、ずいぶんと違うように
思います。

そんなわけで私には、ラバーをはることはメリットの方が大きいので
レザーソールの靴には邪道かもしれませんが、これからもはり続けると
思います。貧乏性ですね。

ちなみに日本橋高島屋の2Fには、エドワードグリーン、チャーチ
クロケット&ジョーンズ、J.M.Westonあたりが揃っていて、一時期
各ブランドのストレートチップが一堂に並んでいたことがあり、
Audleyと並んだ888ソールのエドワードグリーンを見て、もう少し
ロングノーズだったら試してみたいと思ったことがありました。

まあ値段がクロケット&ジョーンズのハンドグレードラインの3万増し
ですので、私には買えません。ただどのモデルかわからないの
ですが、チーニーの3888ラストに似ているやつもあるなぁと
思ったモデルもありまして、今の私の琴線には触れてきません。

後四日会社に行けば休みです。もう今年も終わってしまいます。
体に気をつけて、今年の仕事を終えたいですね。
第五十回カキコミ終了。

Audleyと、トレーディングポスト別注の360ラストを並べて
撮ってみました。サイズはどちらも8ハーフです。
Audleyの方が気持ちロングノーズ気味でしょうか。
どちらがお勧めかといわれれば、私自身はAudleyを勧めます。
おススメのポイントは2点、
① ハンドグレードの方が、目に見えるところはきれいに作って
あります。価格差以上の満足感があるのではないかと。
② 360ラストには、トレーディングポストで勧められたシューツリーが
イマイチあっていないため、完全に履きしわを伸ばすことが出来て
いないように感じる。Audleyは純正でいけます。
以上から、Audleyをおススメ致します。

手前が360、奥が337ラストのAudleyです。
d0079557_2262328.jpg


上からです。手前が360、奥が337ラストのAudleyです。
d0079557_2264789.jpg


前からです。右が360、左が337ラストのAudleyです。
d0079557_2281841.jpg


ソールはこんな感じです。
d0079557_2285594.jpg

[PR]

by igetbetter | 2007-12-24 22:09 | shoes | Comments(0)  

<< ブート・ブラックを使ってみました。 もうすぐセールですね。 >>