MVNOに乗り換える。

5月も下旬に突入しました。友人が今週末、東北を旅行中ですが東京よりも暑いようです。

金曜日はセミナー帰りに秋葉原であんた、誰の公開観覧に並んできました。今回もダメかな〜と思っていたら、最後の方で入ることが出来ました。連敗は4でストップというところでしょうか。

茂木ちゃんの涙は、悔し涙ですな〜。職場でOJT中なこともあり、プロセスも大事にしようと思ったのでした。ちょっとしたリアクションを仕事と重ね合わせてしまうこともあったります。

終了後に、違約金の発生しない5月中にやろうと思っていたMVNOの乗り換えをやってきました。目的は毎月の通信料金を下げることです。月毎では少しでも1年、3年と続いていくとそれなりの金額になるはずです。

手順は現在のキャリアで乗り換え(転出)手続きをして、新たにMVNO業者と契約をするだけです。MVNOのメリットは安くなること、デメリットは回線を借りていることで契約者数の増加に応じて繋がりにくくなったり、速度の低下が起こることのようで、雑誌を読むと週末は繋がりにくいこともあるようです。

後は乗り換えの時に手数料を払いますが、今後MVNOの普及が進まずに業者の淘汰が進むと、他社が契約先になった時に新たに乗り換え手数料が発生することも考慮が必要のようです。

乗り換え手続きが終わった後は、MVNOの新規契約をします。Bic Simを選択しましたので近くのSofmapへ行きました。

d0079557_115675.jpg

カウンターで申し込みをして30分もすれば開通して、Simカードを受け取って完了です。金額は3,229円でした。難しいところも無かったので、ヤフオクに出品をされているものを落札すれば500円もかからずに変更が出来たようです。以前ヤフオクでも確認をしていたのですが、疲れていたこともあってそこまで気が回りませんでした(汗)。

d0079557_133344.jpg

事前にパッケージを入手してネットで手続きをすれば、おそらく翌日か翌々日にはSimカードが届くと思いますので、オークションで入手をするのも一考ではと思います。

開通の待ち時間にSimフリー向けのスマホを見ていましたが、聞き慣れないメーカーの端末でも筐体をぱっと触った限りは質感も悪くありませんでした。

スマホに限らず家電等でもブランド力は劣るがその分価格は安い、これから市場が縮小していく日本でシェアを伸ばしていくことが出来るのか考えながら、秋葉原を後にしました。

第二百六十一回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2016-05-23 01:58 | extra | Comments(0)  

<< ベストを注文してきました。 ペンケース再び購入 >>