TTロードスターのプチメンテとネクタイのオーダーのお話

東京は、激しい雨が降っています。昨日よりも長く降り続いているよう気がします。

今日の午前中は気温もそれほどでは無かったので、リニューアルオープンした木更津のプレミアムアウトレットに行ってみようかと思いましたが、その前にTTロードスターで首都高のいつものコースを走りました。

9時過ぎの時点でアクアライン方面の渋滞が始まっていましたので、木更津行きはまたの機会にして戻ってきてから、グリオズガレージのワイプクロスを使ってみました。

d0079557_2053616.jpg

ウインドー用は、これではなくてもイイかなと思いました。ラバー用はゴム部分を拭くのに使ってみましたが、汚れの落ち具合にちょっとビックリ。ただし窓枠部分を拭く時にガラスに付くと拭き取るのがちょい面倒でした。

ちなみにウインドー用は1枚だと全面は厳しいかもしれません。ラバー用はTTロードスターでしたら1枚でドア廻りからソフトトップの淵、トランクまで行けちゃいます。前車のR129と比べると各部分のラバーの状態はずっといいのですが、拭いた後はしっとりとした感じが出ました。

また気が向いた時に使ってあげようと思います。

そして先週は、土曜日に伊勢丹にネクタイのオーダーを、日曜日にディーラーに取り寄せてもらった部品の取り付きに行ってきました。

ネクタイはステファノビジというブランドのものです。伊勢丹に着いた時は夕方だったのですが、やっぱり伊勢丹、良い意味で世代を問わず個性的なファッションの方が多くいらっしゃいました。

黒のサテン地のソリッドタイを一本、もう一本は少しフォーマルな時に黒のスーツ、白に近い薄いブルーのシャツに合わせるものでおススメのものを出してもらいました。

ステファノビジらしいというと、下の写真のような発色の良いレジメンタルをイメージされる方が多いと思います。

d0079557_2082891.jpg

スタッフの方がススメてくれたのは、写真の生地でシルバーと濃紺、シルバーと黒で何れも幅の異なるレジメンタルです。幅が最も狭いものは繊細すぎるように感じられたので、真ん中の幅のものを選んで迷いに迷ったのが色でした。

d0079557_2092782.jpg

スタッフの方は黒をプッシュしてくださったのですが、持ってきていただいたJKTとシャツに合わせると重く感じられたので、濃紺を選びました。

生地が決まれば、後は剣幅と長さと裏地です。剣幅は8cm、長さは今使っているビジのタイを持っていったので、伸びを考慮して149cmにしてもらいました。裏地は黒は黒に、シルバーと濃紺の一本は紺を選びました。黒は紺にしても良かったかなと後から思いましたが、まぁいいでしょう。

お値段はルイジボレッリの既成のタイよりも安く仕上がりました。出来上がりは12月の予定です。

そして翌日は、先月注文したパーツの取り付けでディーラーへ行ってきました。注文してから入荷までは、ほぼ1ヶ月でした。

交換したのは、ペダルカバー3箇所とオープンのグリップ部分、写真を撮り忘れてしまいましたが、給油口ボタンとトランクボタンのあるベゼル部分です。最後のベゼル部分はボタン3個もセットになっていました。

3箇所とも不具合ではなく、見た目で交換をしました。いずれ交換前と同じ状態になるでしょうが、その時はパーツのストックがドイツにも無くなっているでしょうね。

d0079557_20194958.jpg

d0079557_2020274.jpg

d0079557_2020132.jpg

フロントの方から言われたのは、リアブレーキが固着気味であったので、オイルを注して対応してくださったとのこと。確かに駐車場から出して時と、走り始めにブレーキ鳴きがありました。

良くならないようだったらパッドを交換して対応したいとのことですが、そうするとR129の時のようにダストに悩まされます。今のパッドは前オーナーさんが恐らく社外品に交換されたのでしょうが、まだ厚みもありますしダストがほとんど出なくて気に入っているので、ディーラーでの交換はしないでしょう。

TTロードスターに乗り換えてから、月間の走行距離はずっと少なくなりましたし、スピードも出さなくなりました。車間も十分に取って、減速もティプトロニックを使って、フットブレーキを使う回数もぐっと減りました。

これらが複合的に影響していそうですが今の乗り方では不満が無いので、次の整備時には良く話し合って決めようと思います。

第二百三十六回カキコミ終了
[PR]

by IGetBetter | 2014-07-20 20:23 | accessories | Comments(0)  

<< アルファ156を見てきました。 TTロードスターが退院しました。 >>